WEBデザイン制作・パンフレットデザイン制作
facebookrss

NETA

コラム

2018

6/06

医療広告ガイドライン変更に伴う
ウェブサイトの改善提案

※以下、ブログ記事は、いかなる理由においても無料複製・転載を禁じます。

 

前回、『医療広告表現にかかわるインターネット規制が厳しくなります(医療広告ガイドライン変更)』(*)というコラム記事を書きました。こちらにつきまして、非常に多くの反響をいただきましたので、続編として、これらガイドライン変更に伴う改善案の提案に関する当社のサービスをご案内したいと思います。

医療広告表現にかかわるインターネット規制が厳しくなります(医療広告ガイドライン変更)

 

2018年6月に改定された『医療広告ガイドライン』により、貴院のウェブサイトもガイドラインに抵触する恐れがあります。

 

2018年6月より、医療広告ガイドラインが変更になりました。(平成30年6月1日施行日)
この医療広告ガイドラインの改定については、不安を抱いている医療関係者が多くいらっしゃいました。
皆様のクリニックのウェブサイトは、改定後のガイドラインに沿ったウェブサイトに改善されましたでしょうか?

弊社(株式会社ノーブランド)では、医療知識と豊富な制作実績を持った、元看護教員であるディレクターの後藤が中心となり、新医療広告ガイドラインへの対応サポートを行っております。
対応がお済みでない方、不安をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。

<目次>
1.医療広告ガイドラインの改定の経緯
2.改定された内容
3.特に注意が必要、患者体験談の掲載
4.術前・術後の写真掲載
5.見過ごされるウェブサイト上の違法表現
6.気になる罰則について
7.弊社の具体的な対応サポート

1.医療広告ガイドラインの改定の経緯

 
今回の医療広告ガイドライン変更の理由について簡潔に説明いたします。
 
この新しいガイドラインは、かねてから問題になっていた『美容医療サービスに関する消費者トラブルの件数増加等を踏まえ、医療機関のウェブサイトを適正化するため、虚偽又は誇大等の不適切な内容を禁止』(※1)するために、改正されました。
 
平成28年3月より4回に渡る検討会を経て、『医療法を改正し、医療機関のウェブサイト等についても、虚偽・誇大等の不適切な表示を禁止し、中止・是正命令及び罰則を課すことができるよう措置した』(※2)のが、新しい医療広告ガイドラインです。
 
ここで注目したいのが、『ウェブサイト等についても』という一文です。これまで、グレーゾーンであったウェブサイトが、完全に広告規制の対象になっています。これを見ると、医療もウェブサイトに何も掲載できなくなってしまう!と不安に思うかもしれませんが、以下の補足が付けられていますのでご安心ください。
 
『患者が知りたい情報(自由診療等)が得られなくなるとの懸念等を踏まえ、広告等可能事項の限定を解除できる場合も設けた』と同ページに掲載されています。(※2)つまり、新しい医療広告ガイドラインをしっかり把握し、貴院が患者さんに提供している適切な医療内容をガイドラインに抵触しないよう、精査して掲載すれば問題ありません。
 
今後は、これまでのように自由になんでもかんでも掲載できる訳ではなくなりましたが、医療の本質である患者への質の高い医療の提供という基本理念を忘れること無く、正しい情報発信に努めていくことが必要になります。
 

2.改定された内容

 
新しい医療広告ガイドラインにおいて、医療広告の何が見直しされたかについてご説明いたします。
 
これまで、医療法上の広告規制は、①折込広告、②テレビCM、③看板、等に適応されていました。広告規制の主な内容は、虚偽禁止や誇大広告の禁止などであり、これらに違反が見つかると、立入検査や広告の中止・是正命令が下されました。しかし、これまでは、これらの中にウェブサイトは含まれておらず、事実上スルーされてきました。
 
しかし、今回の医療広告ガイドラインでは、これらの規制対象にウェブサイトも含まれるようになり、違反が見つかると直接罰および間接罰の対象となります。必ずこちらは把握しておかなければなりません。しかしながら、こちらの中にも、『一定の条件を満たす場合には広告可能事項の限定を解除可能』でありますので、何でもかんでも禁止されているわけでは無いことも踏まえておきましょう。
 
また、これらはウェブサイトのみならず、メルマガや申し込みによる詳細なパンフレットにも適応(※3)されますのでこちらもご注意ください。
 

3.特に注意が必要、患者体験談の掲載

 
少し各論に入っていきましょう。特に今回の医療広告ガイドラインの変更で注目されているのが『患者の体験談』の掲載です。これらについては、ほとんど掲載が不可になりました。
『患者の主観又は伝聞に基づく治療の内容又は効果に関する体験談の広告をしてはならないことを禁止事項として省令に規定する』(※4)という対応になりました。しかし、一部個人のブログやSNS等は広告には該当しませんので、このあたりは混同しないようにした方が良さそうです。
また、なんでもかんでも『患者様の声』は掲載不可という事ではありません。新しいガイドラインに沿っていれば掲載できる部分もありますので、貴院のサイトの内容を、よく吟味して精査することが必要です。
 

4.術前・術後の写真掲載

 
次に注目されているのが、術前・術後の患者の事例写真です。こちらに関しては、『治療等の内容又は効果について、患者等を誤認させるおそれがある治療等の前又は後の写真等の広告をしてはならないこと』(※5)を禁止事項として省令に規定されました。
 
これまでは、ウェブサイトには自由に掲載されていたものですので、『困った』と感じる方も非常に多いかと思います。しかし、これについても、ある内容を追記すれば『広告可能』という省令になっていますので、慌てずにきちんと対処する必要があります。『広告可能事項の限定解除』というものが設けられていますので安心してください。
 
つまり、新たに定められた禁止事項ではありますが、患者さんに提供しなければならない情報はきちんと掲載すれば広告可能であるという考え方になっていますので、新しい医療広告ガイドラインに添って適切に対応することをお薦めいたします。
 

5.見過ごされるウェブサイト上の違法表現

 
『患者の体験談』や『術前・術後写真』の掲載について述べました。医療広告ガイドラインというと、この2点だけが注目されがちですが、その他にも注意しなければならないことが沢山あります。
 
例えば、『◎◎センター』とか、『◎◎治療専門』などという表記も注意が必要です。特に診療科については、医療法施行令 第3条の2で定められた診療科名または、当該診療に従事する医師が厚生労働省大臣の許可を受けたものであるものしか使うことはできません。自分たちで勝手につけた名称では広告してはいけませんので注意が必要です。
 
歯科でいうならば、『インプラント科』や『審美歯科』なども抵触する可能性がありますので注意しましょう。
 
その他、細かい点を見ていくと、余り意識せずに使っていた表現が抵触される場合もありますので、これを機に、すべてのウェブサイトの内容を見直したほうが良いと思われます。
 

6.気になる罰則について

 
医療広告ガイドラインに抵触した場合の罰則について簡単に解説していきます。
まず罰則は、これまでの折り込み広告やテレビCM、看板等における罰則と同じですので、改めて説明する必要はないかと思います。
当然のことながら、罰則にいたるまではステップがあり、行政指導や立ち入り検査、中止・是正命令でも改善されない場合に、行政処分が下されます。
しかし、ウェブサイトについては、インターネット上の広告ですので、ここに『ネットパトロール』が加わりますので、さらに注意が必要です。
ネットパトロールは、平成29年から開始された『医療等に関わるウェブサイトの監視体制強化事業』です。医療機関のウェブサイトに、嘘やおおげさな表示が無いか監視するネットシステムで、医療機関のウェブサイトは、これらによって監視されており、広く一般の方からの通報もうけつけています。
 
ネットパトロール
 
つまり、折り込み広告や看板などよりも、幅広い層の人たちに監視されることになりますので安易な対策はお薦めいたしません。
 
この『ネットパトロール』は、医療広告の違反を感知した場合には、当該医療機関に規制を周知し自主的な見直しをするよう警告されます。
これは、当然ながら、医療機関のみならず制作会社やプロバイダなども関係してきますので、私たちのような制作会社も他人事ではありません。(※6)
 
そして、それでも改善が認められない場合には、医療機関を所轄する自治体に情報が提供され、自治体から改善調査が行われます。できるだけそのような事の無いよう、予め精査・改善することをお勧めしています。
 

 

7.弊社の具体的な対応サポート

 
当社は、この新しい医療広告ガイドラインに沿って、貴院のウェブサイトがガイドラインに抵触していないかを調査・改善提案を行うサポートを行っております。
 
貴院のサイト全体を見直し、医療広告ガイドラインに抵触する可能性があるものをピックアップし、主な改善案をPDFに書き込み送信いたします。
また、医療広告ガイドラインに抵触するかしないかについて、判断が迷う場合には行政が設置する広告の窓口に電話確認いたします。
 
チェック料金については応相談となりますが、ページあたり 1,000円~1,500円とさせていただきます。
 
引用:※1 『医療広告既成の検討状況と今後の取り組みについて』平成30年2月14日 厚生労働省異性局総務課,p2

引用:※2 ※1同様,p3

引用:※3 ※1同様,p6

引用:※4 ※1同様,p10

引用:※5 ※1同様,p11

参考:※6 ※1同様,p17

販売促進のネタ

2018

6/06

※以下、ブログ記事は、いかなる理由においても無料複製・転載を禁じます。   前回、『医療広...

詳細を見る
詳細を見る

2018

5/09

子どもがなりたい職業と親世代のギャップ   毎年、子どもの教育に携わる機関から、『子どもが...

詳細を見る
詳細を見る

2018

4/18

中小企業の倒産で一番多い原因は、販売不振   企業活動の中で、最も重要であり、かつ譲れない...

詳細を見る
詳細を見る

2018

3/12

※以下、ブログ記事は、いかなる理由においても無料複製・転載を禁じます。 今年(2018年)6月より医...

詳細を見る
詳細を見る

2018

3/09

2018年の幕開けから、あっという間に2ヶ月が過ぎ、そして3月に入りました….季節はすっ...

詳細を見る
詳細を見る

2018

1/18

※本コラムは、当社の顧客へのメールマガジンの内容を一部編集して公開しています。   横浜デ...

詳細を見る
詳細を見る

2017

12/20

20年間、脱下請け   最近、あるメディアで経営コンサルタントの浜口隆則さんという方を知り...

詳細を見る
詳細を見る

2017

10/31

週休3日制をはじめました   実は当社では、今年の8月の末より平日の金曜日をお休みにし、週...

詳細を見る
詳細を見る

2017

10/11

データお渡し、3,000円! 申し込み〆切:2017年12月14日   さて、今年も年賀状...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/28

先週あたりから、当社のお取引先である印刷会社および加工会社さんなどから、『送料値上げ』のお知らせが届...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/27

『すぐ欲しい!という要望に応えるために』   時々、『◎◎日まで、パンフが欲しいんですけど...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/26

株式会社ノーブランドは創業当時から『営業マン0人体制』で営業をしております。一般的に、商品の価格には...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/20

日本全体の85%がスマホに対応しています貴社は大丈夫?   今年に入り、Googleは公式...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/19

Googleアナリティクス活用を取り組む前に   Google アナリティクスは誰でも無料...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/06

  自社サイトのアクセス数を知りたい!   みなさんのウェブサイトは、1日どれく...

詳細を見る
詳細を見る