WEBデザイン制作・パンフレットデザイン制作
facebookrss

NETA

コラム

2019

2/05

知らないと損をする、GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)活用術!

SNSよりウェブサイトが柱

 
昨今、インターネットの状況は、刻々と変化しています。
昨年発信した情報が古くなり、また、新しい情報で上書きをしなければなりません。
できるだけフレッシュな情報を発信していかないと賞味期限切れを起こします。
 
さて、最近のネットの傾向を見ますと、SNS(ソーシャルメディア)の動向が少し変化してきているように感じます。
変わらず、Twitter・LINE・Instagram・Facebookが4強ですが、なんとなくの肌感覚で、 Facebookが少し低迷しているのではないかな、と感じています。
 
Twitterならリツイート、Facebookならシェアなどが記事の拡散手段になりますが、Facebookからの拡散力が下がっています。そう考えると、やはりFacebookは閉鎖的なSNSに向かっていくのではないかな?と思います。
 
反面、アクセス解析などを見ていると、ウェブサイトに掲載したブログやコラムのアクセス数は、昔と変わらず安定してアクセス数を集めている事が分かります。ブログの記事数は多ければ多いほど、その効果は如実に現れ、一定の記事数が貯まると、 比較的安定したアクセス数を維持することができます。
 
これらは、SNSからの流入ではなくGoogleのオーガニック検索(自然検索)からの流入がほとんどです。限られたフォロワーに記事を拡散するよりも、不特定多数のユーザーから記事を見つけてもらったほうが、何倍も効率よくアクセスを集めることが可能です。
 
もちろん、それに加えてSNSも併用すれば、なお善しなのですが、Facebookの潮流などを見ていると、やはりSNSを過信するよりも、ウェブサイトを柱として告知していくほうが効率が良いと言わざるを得ません。
 
これまでは、Facebookがあるからウェブサイトは要らないと考える方もいらっしゃると思いますが、結局、インターネットでのビジネスはウェブサイトをベースにするのがベストです。
 
さて、前置きが長くなりました。
 
ここからは、本メルマガのメインテーマであるGoogleSearchConsole(グーグールコンソール)について解説していきます。
 
SNSよりウェブサイトが柱
 

新規サイトは、基本的になかなか検索にヒットしません。

 
インターネット空間は、日々、多くのウェブサイトが登場しては消えていく、新陳代謝を繰り返して存在します。これら多くのウェブサイトをデータベース化し、検索結果として交通整理をしてくれているのが、検索エンジンGoogleです。
 
Googleはネットを通じて、世界中の巨大なウェブサイト情報をデータベースに蓄積しています。この行為はクロールと呼ばれ、Googleのデータベースに登録されることはインデックスと呼ばれます。Googleは、この瞬間もクロール(巡回)しており、皆さんのウェブサイトの情報を拾い集めています。このクロールという作業は、ネット上に張り巡らされた『リンク』をたどることです。
 
よって、Googleのプログラムにクロールしてもらい、データベースに入れてもらう(インデックス)ためには、この『リンク』の中に入らなければなりません。つまり、どこにもリンクされていないウェブサイトは、 Googleが見つけようがないということを覚えておいて下さい。
実は、かつては、新規サイトを立ち上げた時に『Googleにサイト申請する』というGoogleサービスがありました。そこに登録すれば、どこかにリンクが張られる前にGoogleに見つけてもらえました。
 
しかし、昨年の夏頃より、この『Googleにサイト申請する』機能は無くなりました。代わりに、GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)という管理機能を使うことで、よりGoogleに見つけてもらいやすくする機能に変更されました。
 
以上のことから、新しいサイトを立ち上げたとき、Googleにインデックスしてもらうためには、
 
1)できるだけ早く外部リンクを張ってもらう、
2)GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)を使いサイト申請をする、
 
この2つを行わない限り、サイトは検索結果に表示されませんのでご注意下さい。
それではここからは、GoogleSearchConsoleの登録方法について簡単に説明していきます。かなり多機能になっていますので、このメルマガでは登録方法までにしておきたいと思います。これ以外の点で、ご興味ある方はお問い合わせください。
 
新規サイトは、基本的になかなか検索にヒットしません。
 

GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)に登録する

 
まず最初に、GoogleSearchConsoleeにウェブサイトを登録します。ご存知かと思いますが、Googleのサービスを使うためにはGoogleアカウント(無料)が必要です。無料で取得できますので、お持ちでない方はアカウントを取得してください。 GoogleSearchConsoleへは、下記のボタンよりログインしてください。
 
Google Console(グーグルサーチコンソール)
 
GoogleSearchConsole
 

新規プロパティを作る

 
まずはじめに新規プロパティを作ります。初めてGoogleSearchConsoleを使う場合は、最初にプロパティ画面が出ます。
 

すでに他のプロパティを作っている方は、左のメニューのプルダウンから『新規プロパティ』を選んで、『プロパティを追加』画面を表示させます。

 
プロパティ追加画面に、サイト申請したいURLを入力します。その後、『続行』をクリックします。

 
『続行』ボタンを押すと『所有者の確認』画面になります。その画面内にある『1.ファイルをダウンロード』ボタンをクリックして、htmlファイルをダウンロードします。

 
上記でダウンロードしたファイルには『google-site-verification: googleXXXXXXXXXXX.html』などという記述が書かれています。これがサイトの保有者であることを証明するファイルになりますので、こちらをサーバ内にアップします。アップロードにつきましては、ウェブサイトを管理している業者さんにお尋ね下さい。
 

ファイルをアップロード

 
弊社にてファイルをアップロードした後は、下記の画面の『確認』ボタンを押下してください。認証が完了するまでは、この画面から先に進めません。

 
正常に認証が完了すると、下記の画面が表示されます。これでセットアップは完了ですので、『プロパティに移動』ボタンを押下します。

 

サイトを申請する

下記がプロパティの初期画面です。ここから、新規サイトの申請をしていきます。

 
左側のメニューの『URL検査』をクリックして、上部のアドレスバーにサイトのURLを入力し、Enterボタンを押下します。


 
Googleのインデックスデータを確認してくれます。

 
数秒後に結果がでます。Googleに登録されている場合は、下記のように出ますが、登録されいない場合は『登録されていません』と表示されますので、右下の『インデックス登録をリクエスト』ボタンを押下します。

 
クリックすると下記の画面が出ますので、1-2分待ちます。

 
下記の画面になれば申請は完了です。新規サイトの場合は、早いと翌日、遅くとも1-2日でGoogleにインデックスされますので、とても有効です。

 

ブログの記事申請とサイトマップの申請

 
ここまで、新規サイトのGoogle申請のやり方について解説してきました。
 
実はGoogleSearchConsoleの活用は、新規サイト申請だけではありません。
 
日々更新するブログの記事を、できるだけ早くGoogleにインデックスしてもらうためにも、記事単位でインデックス登録のリクエストをすることができます。
また、サイトマップを登録しておくことで、より効率よくインデックスしてもらえるようにもなります。アクセスアップを積極的に図っていくためには、GoogleSearchConsoleの有効活用は避けて通れません。これからは、 積極的にGoogleSearchConsoleを使っていく時代に入っています。
 
これらの方法についての解説は、本メールマガジンでは触れませんが、ご興味・ご感心のある方はお問い合わせください。

販売促進のネタ

2019

2/05

SNSよりウェブサイトが柱   昨今、インターネットの状況は、刻々と変化しています。 昨年...

詳細を見る
詳細を見る

2018

9/14

「Google Maps API」を使う場合はAPIキーが必須です   普段から大変お世話...

詳細を見る
詳細を見る

2018

9/06

先日の「販促のネタ」コラムにて、『常時SSL化の必要性』について書きました。   こちらの...

詳細を見る
詳細を見る

2018

9/05

印刷業界においても、数年前から価格破壊が起こり、ネット通販で格安印刷できるサービスが乱立しています。...

詳細を見る
詳細を見る

2018

8/21

中小企業にウェブサイトは必要不可欠   当社では、会社を立ち上げる(起業)際に必要な、販促...

詳細を見る
詳細を見る

2018

8/17

当社では、様々な紙媒体のデザイン制作・印刷を承っておりますが、ときどき、制作+印刷のみならず、その後...

詳細を見る
詳細を見る

2018

7/25

  『初めてパンフレットを作成するので、分からない』という方々からのご質問で、特に多いのが...

詳細を見る
詳細を見る

2018

6/25

  <目次> 1.Googleが『HTTPS』のサイトを良質と判断しています 2.そもそも...

詳細を見る
詳細を見る

2018

6/06

※以下、ブログ記事は、いかなる理由においても無料複製・転載を禁じます。   前回、『医療広...

詳細を見る
詳細を見る

2018

5/09

子どもがなりたい職業と親世代のギャップ   毎年、子どもの教育に携わる機関から、『子どもが...

詳細を見る
詳細を見る

2018

4/18

中小企業の倒産で一番多い原因は、販売不振   企業活動の中で、最も重要であり、かつ譲れない...

詳細を見る
詳細を見る

2018

3/12

※以下、ブログ記事は、いかなる理由においても無料複製・転載を禁じます。 今年(2018年)6月より医...

詳細を見る
詳細を見る

2018

3/09

2018年の幕開けから、あっという間に2ヶ月が過ぎ、そして3月に入りました….季節はすっ...

詳細を見る
詳細を見る

2018

1/18

※本コラムは、当社の顧客へのメールマガジンの内容を一部編集して公開しています。   横浜デ...

詳細を見る
詳細を見る

2017

12/20

20年間、脱下請け   最近、あるメディアで経営コンサルタントの浜口隆則さんという方を知り...

詳細を見る
詳細を見る