販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

Webの細分化で販路拡大【Vol.1】

  • 2013年12月25日
  • コラム

Webの細分化で販路拡大
固定概念や思い込みが邪魔をする?

 

 

前回の連載記事で、ビジネスブログの活用がこれからの主流になると書きましたが、今回は全く別の視点からWebサイトの活用の具体策を提案いたします。そこで、具体的な話に入る前に、重要なお願いがあります。それは、これまでの思い込みや、固定概念は一旦忘れて、フラットに読んでいただき、そして合理的に考えていただきたということです。

 

Webに関しては様々な情報が溢れています。また、皆様の実体験から、思ったほどWebから結果は出ない、業種的にWebでの販促には向いていない、など、固定概念やあきらめなどもあると思います。しかし、そのような思いに縛られていたのでは可能性をせばめてしまいます。

 

誰がどのように考えようとも、世の中の流れはインターネットが中心になりつつあります。この大きな流れは変えられません。その流れに逆らうことよりも、流れに乗るほうがはるかに合理的です。
また、常に主張しますが、中小零細企業こそ低予算、低労力で勝負ができるのがインターネットです。物販だけがWebの活用法ではありません。問い合わせや資料請求、見積依頼など受注や契約のための最初の取っ掛かりを得るためにこれほど優れた媒体はありません。
「Webなんて・・・」と固定概念やあきらめに縛られている企業ほどWebの成功体験を知りません。どうか合理的に考えてください。

 

それでは、Webの活用について具体的に説明していきます。
突然ですが質問です。皆様は現在いくつのWebサイトを運営していますか?
ほとんどの会社は1つ、ブログを行なっていれば、2つとなるのではないでしょうか。
ちなみに、弊社が運営しているサイトは20サイトです。しかも他に制作準備中のサイトもあります。弊社のスタッフは5名(外部スタッフ22名)の零細企業です。しかし、自社サイトの数だけは大企業に負けていません。「多けりゃいいってもんじゃないだろ」とツッコミが入りそうですが、そのとおりです。でも、逆に1つでなければならない理由もありません。なぜ多くの会社が1つのサイトにこだわっているのか、その理由は固定概念とコストだと思います。

 

固定概念はさておき、コストに関してはサイトを作るごとに当然かかります。しかし、販促や広告は常に費用対効果で合理的に考えなければなりません。コストをかけた以上の効果がでれば、それは投資に成功したことになるのです。
この感覚が一般的な経費とは違います。販促や広告は「経費を抑えろ」では損をする可能性が高いのです。まして「経費がかかるのでやらない」などは本末転倒です。

コストを上回る効果が得られず、損をする可能性が最も低い媒体がWebサイトです。
では、なぜ複数のサイトを運営することが販促効果につながるのでしょう?答えは簡単です。「販路を増やす」ためです。
弊社を例に説明します。弊社の20サイトの内訳をいくつか紹介します。

 

オフィシャルサイト

Webを見る

サイト名「株式会社ノーブランド」
オフィシャルサイトですので、会社案内として全てのサービス内容や情報が掲載されています。会社の顔として、恥ずかしくないクオリティで作っています。

ー括見積もりサイト

Webを見る

サイト名「デザイン見積もるん」
複数業者からの見積金額の、最安値、平均、最高値を無料調査するサイト。
見積もりが欲しい人にとっては、必須のサービス。

低価格パンフレット作成サイト

Webを見る
サイト名「とにかく低価格なパンフレットが欲しい」
低価格パンフレット制作に特化したサイト。サイトタイトルが全てを表しています。

初めての販促物作成サイト

Webを見る
サイト名「初めてのデザイン販促ツール制作」
販促物の制作にあたり、不安や疑問を持った方をサポートするサイト。
専門サイトなので、安心感を与えることができます。

歯科医院向けサイト

Webを見る
サイト名「安定経営のための歯科医院支援」
歯科医院のWebサイトやパンフレットの制作を告知するサイト。
全ての情報が歯科医院向けなので、伝わり方が違います。

なぜこのような細分化が必要なのかについては、次回につづきます。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応