販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

SEO対策はしてもらえますか?

  • 2016年09月06日
  • 販促Q&A

Answer.

 

Webサイトの世界における“SEO対策”には、3つに分類されると考えています。

まず一つ目は、“構造的SEO”。
いわゆる、内部構造と言われる技術的な対策です。具体的には、H1タグ〜H4タグの挿入や、“メタタグ”と呼ばれるキーワードを含んだ複数のワードをHTMLソースコードに記述したりする専門的な作業を指します。

これらは、Webサイト制作業者が行うものであり、ユーザー側では操作できない所です。

こちらについては、当社でも、きちんと配慮して構築しておりますのでご安心ください。

そして二つ目は、“コンテンツSEO”です。

コンテンツSEOとは、そのサイトで狙っているキーワードにそって、適切なコンテンツが掲載されていることです。
コンテンツとは、いわゆる文字情報の量と質です。5ページ構成のWebサイトよりも50ページ構成のWebサイトの方が、文字情報が多く有利に働きます。

しかしその反面、文字情報の質も問われます。

いくら文字情報が多くても、キーワードにそった適切なコンテンツでなければ評価されません。

そして最後、三つ目は“外部SEO”です。

外部SEO対策とは、外部サイトへのリンク数を増やしたりすることです。

しかし、現在では、この対策は無効になりました。

その理由として、ロボット型大手検索エンジン Googleが、この外部リンクでのSEO対策を“不正:スパム”扱いとし、ペナルティを与えるようになったからです。これらにより、力づくで小手先だけの外部リンク対策をしてきたサイトは、Googleの検索結果から除外されたりと、大きなデメリットを被ることになりました。このことにより、多くのSEO業者さんは淘汰され、だいぶSEO業者さんが減ったのも事実です。

以上の事から、WebサイトにおけるSEO対策は、事実上、一つ目と二つ目のみを意識すれば良いでしょう。
三つ目の外部対策は、不正と評価されやすく、今の時代はNGですし、これから先もNGです。

当社においても、(1)と(2)を強化しております。

とくに、二つ目のコンテンツSEO対策は、中長期的に考え取り組む必要のある対策です。

最初、Webサイトを立ち上げた時には、制作サイドの提案が重要になりますが、一度オープンしてから結果を出すためには、必然的にお客様の努力が必要です。お客様には定期的にブログを書いていただいたりすることが大きな結果となり、SEOに強いサイトになっていきます。もちろん、ブログ以外のお客様が更新できない他の固定ページに関しては、当社から適切なコンテンツの追加をご提案いたします。

オープンしてから先は、制作サイドとお客様の二人三脚でSEO対策を充実させていく事が最も重要なのです。

ただし、当社では承っていないSEOサービスがあります。それは、「順位保証」です。

「このキーワードで、必ず一ページ目に出したい」「上位◎位まで入りたい」などの、順位保証をご希望される場合には、SEOの専門業者さんに依頼することをお薦めしております。この時、SEO業者さんを探す時には、十分注意が必要です。きちんと吟味して業者選択をすることをおすすめします。

当社でご納品させていただきましたお客様から、SEO的に不満であるという反応は少なく、皆様がその順位に満足されておられるようです。
そういう意味では、当社が行なっている対策で不十分とは考えておりません。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応