WEBデザイン制作・パンフレットデザイン制作
facebookrss

NETA

インタビュー

2016

7/20

インタビュー:遠方から日本の制作会社を選んだ理由とその成果

1先日、アメリカで歯科医院を経営されているドクターからオファーを頂き、Webサイトやパンフレット等を制作・納品させていただきました。今回は、 アメリカでご商売をされている中田先生に、アメリカにおけるネット戦略やパンフレット・カタログなどの使い方含め、販促について、いろいろお伺いしました ので、そのレビューをまとめてみました。

 

(以下、中田先生談)
 

日本人向けの販促ツールは日本の業者さんに

 
当 院は、2013年1月に、アメリカのケンタッキー州で開院しました。地元のショッピングセンター内にある歯科医院で、医院の並びにはASUKAという日本 食レストランもあり、在米日本人が通いやすい立地に開業しました。私自身、大学を卒業後の勤務医時代も、バイリンガル歯科医として、在米の日本人の治療に 多くあたっていましたので、開業当時から、在米日本人にとって通いやすい歯科医院を目指してきました。

ケンタッキー州にお住まいの日本人の 多くは、2〜5年という短い期間の滞在の後、日本に帰国される方が多くいらっしゃいます。短い滞在期間ですので、日常会話は不自由なくても歯科用語などの 専門的な英単語になると身近なものではないので不自由な事と思います。滞在されている方の年齢層も20代後半~40代前半が大半で、慣れない海外生活・子 育て中の突然の歯や顎の痛みでお困りの方も多くいらっしゃいます。そんな方々のお役に立ちたいと考えました。

また、英語での電話が苦手な方でも、日本語のウェブサイトのコンタクトのページから日本語で質問をしたり、予約システムを利用して予約をとったりと便利なものにしたかったのです。
そのため、日本人にとって見やすくわかりやすいウェブサイトにする必要がありました。よって、私は最初から日本の制作業者さんに依頼しようと考えており、ネットサーフィンで見つけた株式会社ノーブランドに依頼することを決めました。

いくつかの制作会社さんにコンタクトしましたが、その中でも一番、制作実績が分かりやすくイメージがつきやすかったのと、こういうイメージのウェブサイト・パンフレットにしたい、と共鳴できるものが沢山あったからです。

さ らに、海外であってもお仕事として引き受けてくださると快諾してくださったのも、選んだ理由の一つです。制作会社さんにコンタクトしましたが、その中でも 一番、制作実績が分かりやすくイメージがつきやすかったのと、こういうイメージのウェブサイト・パンフレットにしたい、と共鳴できるものが沢山あったから です。さらに、海外であってもお仕事として引き受けてくださると快諾してくださったのも、選んだ理由の一つです。
 

多くの方々に手にしていただいているパンフレット

 

2 日本とアメリカと、海を越えての取引きでしたが、とくに問題なく進みました。
先に、A4サイズの三折パンフレットを作成しましたが、このパンフレットは見やすく分かりやすく出来上がったと思っています。

このパンフレットは、院内にも設置してありますが、集患目的で作っていただいたパンフレットですので、日系のスーパー・店舗にも設置させていただいております。
日本人だけでなく、中華系・韓国系のアジア諸国出身の方々も手にされるようです。

また、当院に通院していらっしゃる患者様がお友達に紹介する際に渡していただいているようで、使い方が多岐にわたっていると思います。
ウェブサイトと異なり、誌面が限られているパンフレットですので、ウェブサイトの内容を要約した内容になっています。よって、まずはパンフレットで当院の 概要を知っていただき、その後ウェブサイトにアクセスしていただき具体的に理解してもらうことに成功しています。つまり、パンフレットはウェブサイトを見 てもらう為のツールになっていると思います。
また、クリニックの総合パンフレットを作った後で、矯正治療専門のパンフレットも作りました。

矯正用のパンフレットは、矯正の種類の違いをご理解いただき、自宅にパンフレットを持ち帰っていただくことで、ご家族と相談する上で良いツールになっていると思います。
丁度1年前くらいに完成したパンフレットですが、すでに2〜3回増刷しています。
 

集患の柱になるウェブサイト

 

3パンフレットを作成した後で、ウェブサイトも完成しました。もともと用意していた日本語ウェブサイトは情報も少なく活用しきれてなかったので、専用のドメインを取得し、独立したサイトとして立ち上げました。ドメインの

 

ナカダセンセイ・ドット・コム

 

も好評です。(笑)

“日本語サイトあるよ”と口コミで日本人の方に広まっているので、アメリカ滞在中に矯正治療をしたい方やホワイトニングに興味がある方などの問い合わせが、サ イト開設前よりも増えました。またブログでホワイトニングなどの院内スペシャルをアップしていますので、これらの問い合わせを頂いております。今までは歯 科検診は一時帰国時に日本で行い、痛みがある時のみのアメリカで治療される方が多かったですが、日本語サイトを立ててから予防歯科・審美歯科・矯正歯科の 問い合わせの方が多くなったような気がして嬉しく思います。
おかげさまで、パンフレット同様、ウェブサイトも見やすいと評判です!

実際、E-mailでの相談や予約も、一日に何件も入ってきます。
日本人の家族がアメリカに赴任して見える時期は大体5月と7月です。帰任は3月と6月です。帰任される時期に近づくと、日本に帰る前に、加入している保険 内でできる治療を一気にされる方が多く、また赴任してみえる時期は、編入先の学校へ提出する歯科検診の相談やアメリカ滞在中の歯科矯正の相談や予約が多い です。ケンタッキー州だけでなく出張先のカナダや赴任先の香港から相談を受ける事もあります。

私が開業しているケンタッキー州では、医療機 関の宣伝といえば、主にウェブサイト・インターネット・TV-CM、ポストカード、電話帳が主流になっています。当院では上記以外にスーパーのレシートの 裏の広告や薬局の処方箋の袋、近隣の小中学校のスポーツチーム(野球部・ダンス部・水泳部など)のスポンサーシップも行なっていますので、チームのパンフ レットなどに広告を掲載しています。新聞とラジオ広告も行なっていたのですが、集患に役に立たなかったので止めました。ですので、ウェブサイトが集患に役 立つ事は非常に重要です。
 

アメリカにおける患者さんの歯科医院選び

 

アメリカと日本では保険制度が異なり、アメリカの歯科保険は個人で加入するものと勤務先を通して加入するものとあります。

勤 務先を通しての加入が大半ですが、アメリカは転職率が高いので、転職するたびに歯科保険が変わることもめずらしくありません。今まで馴染みの患者様でも転 職によって歯科保険が変わり、転職先の歯科保険のプロバイダーでないと患者さんはプロバイダーの歯科医院に移ってしまいます。
また、転職とともに転勤も多いので転勤に伴い患者様が去っていく事も良くあります。もちろんその逆で新規の患者様が獲得できる事も多いです。

これらのことから、パンフレットやウェブサイトを通してプロバイダー登録をしている保険会社名の情報を記載できるのは集患にとても役にたつのです。

アメリカでは、患者さんが歯科医院を選び基準で一番優先されることは、何といっても加入している保険が適応されるかどうかです。加入している保険のプロバイダーとそうでない歯科医院で治療するのとでは治療費が全然違います。
二番目は歯科医と歯科衛生士の治療技術と知名度です。患者さんは自分の気に入った歯科医と歯科衛生士が違う医院で働いていれば、2つの医院をかけもちする方もめずらしくありません。予防歯科を重要視するアメリカでは歯科衛生士はとても重要なのです。
あとは通院の便利さ、イメージ、清潔感などがポイントとされる項目になります。

保険制度の違いなどから、アメリカと日本では、歯科医院としてアピールするポイントには多少の差こそあれ、やはりウェブサイトやパンフレットが集患に重要な意味を持つことは同じだと思います。
今回、ウェブサイトをリニューアルしパンフレットを揃えたことで、まずは、目の前の患者さんにより良く活用してもらうためのきちんとしたツールを用意することの重要性を、しみじみ実感いたしました。今後も、より良く活用していきたいです。

貴重なご意見ありがとうございました

販売促進のネタ

2017

10/31

週休3日制をはじめました   実は当社では、今年の8月の末より平日の金曜日をお休みにし、週...

詳細を見る
詳細を見る

2017

10/11

データお渡し、3,000円! 申し込み〆切:2017年12月14日   さて、今年も年賀状...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/28

先週あたりから、当社のお取引先である印刷会社および加工会社さんなどから、『送料値上げ』のお知らせが届...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/27

『すぐ欲しい!という要望に応えるために』   時々、『◎◎日まで、パンフが欲しいんですけど...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/26

株式会社ノーブランドは創業当時から『営業マン0人体制』で営業をしております。一般的に、商品の価格には...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/20

日本全体の85%がスマホに対応しています貴社は大丈夫?   今年に入り、Googleは公式...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/19

Googleアナリティクス活用を取り組む前に   Google アナリティクスは誰でも無料...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/06

  自社サイトのアクセス数を知りたい!   みなさんのウェブサイトは、1日どれく...

詳細を見る
詳細を見る

2017

8/14

先日、第2回、全国介護福祉総合フェスティバル(in 横浜)にブース出展いたしました。   ...

詳細を見る
詳細を見る

2017

8/11

先日、あるクライアントと『会社の理念』への向き合い方についてお話をいたしました。 その時のディスカッ...

詳細を見る
詳細を見る

2017

8/08

各種団体・協会様の会員囲い込みにウェブサイトを徹底活用!   日本には、沢山の中小企業ご経...

詳細を見る
詳細を見る

2017

7/24

最近は、『物売り』よりも『コト売り』の方がトレンドで、すっかり物売りを語るシーンが少なくなったように...

詳細を見る
詳細を見る

2017

7/21

昔から、企業活動における問題解決のステップのことを、『Plan・Do・See』という言葉で表現します...

詳細を見る
詳細を見る

2017

7/20

『堅い話を如何に柔らかく書くか?』という所が難しい昨今。(笑) 今回は、デザイン制作物を作っていく時...

詳細を見る
詳細を見る

2017

7/20

当社は、デザイン制作会社ではありますが、販促ツールを使った販売促進のアドバイス(コンサルタント)も一...

詳細を見る
詳細を見る