販売促進のネタ

執筆者:後藤ようこ

新型コロナワクチン接種予約に思う、医療機関のWEBサイトの役割

  • 2021年09月09日
  • コラム

進む新型コロナウイルスワクチン接種

忘れもしない、2020年の年明け直後。
新しい年の幕開けに、ワクワクしながら1月をスタートしたはずなのに、1月末ごろから暗雲立ち込めたのが「新型コロナウイルス」の流行です。

中国 武漢が都市封鎖というセンセーショナルなニュースに加え、日本では横浜港のダイアモンド・プリンセス号でのクラスターが話題となりました。その後、あれよあれよというまに、緊急事態宣言が発出され、町ゆく人々が一斉にマスク姿に。

あれから、早いもので、1年半以上の長い年月が流れました。
新型コロナウイルスが流行した世の中は『コロナ禍』と呼ばれ、簡単に、県外の往来や友人と飲みに行くことも、ままならない日々が続いています。

この1年半。
振り返ってみれば、あっという間だったような気もしますし、長い長い1年半だった気もします。

「あと少し、あと少し」と心待ちにしながら日々を過ごし、ようやく出口らしき、かすかな光が見えてきたのが、「新型コロナワクチン接種」です。日本では、医療従事者の優先接種に始まり、65歳以上の高齢者の接種、職域接種、そしてようやく全世代へのワクチン接種が開始されました。

私たちが所在する横浜市でも、行政からの接種券と予約開始の通知が郵送され、他の都道府県と比べて、少し遅れて今年の8月から接種の予約ができるようになりました。首を長くして、待ちくたびれた感じが否めませんが、予約解禁と同時に、多くの市民が予約をはじめているようです。

Googleで「新型コロナワクチン」と検索すると、現在のワクチン接種の進行具合が見られるようになっています。2021年9月6日現在で、実に50%弱の人が2回のワクチン接種を終えています。

新型コロナワクチン

予約がとれない 新型コロナワクチン

さて、横浜市もワクチン予約ができるようになったとのことで、早速、予約をしてみようと、横浜市が運営する「コロナワクチン予約サイト」へアクセスすることに。しかし、新型コロナワクチン接種の予約に関しては、一筋縄ではいきませんでした。

ようやく解禁された、新型コロナワクチン予約サイトを1日になんども閲覧しますが、一向に、予約可能な日が見つけられません。あまりにも予約可能な日が表示されないので、横浜市が設置しているカスタマーセンターに電話をかけること2回。思ったよりも、簡単にカスタマーセンターに電話がつながった事は良かったのですが、結局、横浜市の予約サイトではほとんど予約がとれない事が発覚。

このまま待っても、予約できそうもないので、厚労省が用意している「コロナワクチンナビ」で検索して探すことに。

しかし、これもまた一筋縄ではいきませんでした。

「予約可能」マークがある医療機関のWEBサイトを確認しますが、その多くが「予約終了」の記述が。それでも、ひたすらひたすら、医療機関(クリニック)のWEBサイトを片っ端から閲覧していきました。

普段は、これほどあいまいな検索作業はしないので、結構なストレスです。旅行サイトでの空室探しなどを想像してみてください。部屋が空いている空いてないは、明確に表示されます。こんなに曖昧な状態で検索をしたのなんて何年ぶりかと思います。(笑)

医療機関のWEBサイトの不備は問題

さらに追い打ちをかけたのは、それぞれの医療機関のWEBページのアナウンス不足です。

「新型コロナワクチン」接種の予約を受け付けている、と書いてあるのに、いざ、電話をすると「電話ではうけつけていない」と言われたり、限られた1時間内で予約を受け付けているからと、指定の電話番号にかけたら留守録になったり、話し中が続いたと思ったら、突然、「近くにおりません」というアナウンスにかわったり。

とにかく、各医療機関のWEBサイトのアナウンスに何時間も振り回されました。

もちろん、急に、大量の予約問い合わせ電話をうけるのは、医療機関側もかなりのご負担です。自分たちに置き換えたら、想像を絶する大変さだと思います。しかしながら、それであれば、やはり、混乱を最小にするために、せめてWEBサイトはこまめに、正しい情報を更新してほしいなと思いました。

間違った情報を掲載しっぱなしにしておくのは論外ですが、やはり、できるだけリアルタイムに情報の書き換えを行ってもらいたかったなと思ってしまいました。

混乱する状況だからこそ、WEBサイトの活用を模索してもらえれば多くのワクチン難民が助かります。もちろん、診療をしながら、WEBサイトもこまめに更新するなどはご苦労が多いでしょう。だからこそ、業者さんを活用するなど、対応してもらえたらありがたいのです。

新型コロナワクチン接種の予約を必死に探し始めて3時間。
格闘の結果、なんとか、ギリギリ予約ができました。ホッとした反面、私のような人が、横浜市には沢山いるのではないかと想像すると、少しゾッとしてしまいます。

情報社会に生きる私たちは、情報収集のほとんどがWEBサイトで行います。WEBサイトの情報をできるだけ見やすく、わかりやすく、正確な情報を掲載することで、より便利な情報収集が可能になります。

WEBサイトに沢山の情報を書いても、読まないから書かないという時代もありました。しかしながら、日本国民の多くがスマホを持つようになり、WEBサイトの情報はパソコンだけではなく、持ち歩けるスマホに場所を移動しています。いつ何時でも気軽に検索できるWEBサイトは、ある意味、持ち運びできる辞書ツールのようなものです。

常に新しく、正しい情報を掲載しておくことで、より便利に、より快適に活用することが可能です。

新型コロナワクチン予約に関しては、ぜひ、各医療機関にて、努力・工夫していただけるとありがたいなと心より思います。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応