販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

印刷の品質(スクリーン線数)

  • 2016年05月27日
  • コラム

印刷の品質といわれてもよくわからないと思いますが、実際は、印刷方式で印刷仕上がりは異なります。

印刷の品質を表す単位として、スクリーン線数というものがあり(業界用語)その線数の数字が大きければ大きいほど、精密な仕上がりになります。印刷とは、所詮、ドットの集まりです。その密度や細かさが、そのまま印刷の仕上がりを左右するということです。新聞などは60〜80線数といわれ、ネット通販などの格安印刷は、150~200線が主流のようです。FMスクリーンと呼ばれる方式は、より精密な表現が可能で、200〜300線。一般の方々はよくピンと来ないと思いますが、我々からみると、「おぉ〜、グラデーションがキレイだ〜」と惚れ惚れすることがあります。(笑)

印刷のコストの違いは、こういう所にあるというわけです。知っておいたほうがいいです。一般の会社案内などは、中間の線数でも十分ですが、よりブランド価値を高めたい印刷物は、線数に注意して印刷した方がいいですね。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応