販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

ブログを書き始める人たち

  • 2014年01月10日
  • コラム

最近、続々と、当社のクライアントがブログを立ち上げ始めている。

 

もちろん、突然、「ブログ始めます!」といって立ち上げた人ばかりではなく、ブログの効果やその影響力を説明してからの話だが、結果、多くのクライアントがブログを更新し始めたのだ。その多くが、最初は「ブログなんて書けない」と言っていた方々ばかり。日々の更新の煩わしさや、何を書けば良いか分からない、忙しくてとてもブログなんて書けない、と言っていた人たちの気持ちが、何故、こんなにも変化したのであろうか?

 

その理由としてあげられるのが、WordPressの登場とGoogleの上位表示が難しくなった 、この2つである。

まず最初に定義しておくと、ここでいうブログとは、独自ドメイン(ホームページアドレス)の中に搭載されたオリジナルブログであり、外部サービスが提供している無料ブログとは異なる。

 

まず一つ目、WordPressの登場は、本当にブログの概念を変えた。何よりも、更新が簡単で、さまざまなアクションがボタンひとつで盛り込める。それまでは、htmlソースの事を知らなければ更新できなかったWebサイトだったが、いとも簡単に記事の投稿と更新ができる。

 

当社では、簡単なWordPressの投稿マニュアルを作り、PDFでお渡ししているだけだが、誰も操作方法についての質問をしてこない。それくらい簡単なのである。さらにいえば、デザイン性が優れていることも、一つの魅力である。それぞれのオフィシャルサイトのイメージ合わせて、それに馴染むようなデザインにカスタマイズをしてあげるだけで、本当にゴージャスなブログになれる。

 

もちろん、外部の無料ブログと異なり、広告も表示されないのでゴチャゴチャしない。ネット上に、もう一つの自分の城ができたような優越感を感じるのだ。

 

二つ目の特徴である、Googleの検索結果(アルゴリズム)における上位表示が困難になってきたこと、これも重要だ。

 

Googleのプログラムは日々進化し、サイトの情報の質と量を重視されるようになってきた。
よって、これまでのように、情報が動かない、情報が増えないサイトよりも、日々、情報が書き換わるアクティブなサイトのほうが評価されやすくなったのだ。そのため、ドメインの中に搭載されたブログ機能が非常に評価される。同一ドメイン内に、日々の記事が投稿されれば、それはページが増えた事とみなされてとても有利だ。日々の更新が、Googleでのアクセスアップに有効になるということは、努力すればするほど努力が実るということなのだから。

 

昔は、外部の無料ブログもアクセスアップに有効であった。もちろん、今もそれなりの効果は得られるだろう。しかし、それぞれの企業の販促の柱となるのはオフィシャルサイトである。オフィシャルサイトを育てることこそが、その後のアクセスアップに繋がることは、誰も否定できないであろう。

 

以上、こういった理由で、これまでブログなんて….と敬遠してきた人々が、一斉にブログを書き始めているのだ。

 

ただ、ブログといっても、これまでのブログの概念とは多少異なるニュアンスがあることも否めない。ブログといえば、とくとくと個人の意見を書き綴るようなイメージがあったが、最近ではそればかりではない。お知らせや、ちょっとしたメッセージ、そんな日常のささやかな出来事をアップする程度で、長文を書く必要もない。オフィシャルサイトのドメイン(URL)の中にぶら下がるブログであるため、オフィシャルサイトの延長として活用している人ばかりなのだから。

 

これまでは、ブログなんて…..と腰が上がらなかった人たち。

 

そんな層がブログを書き始めているという点から鑑みても、WordPressの普及は、右肩上がりであるということが言える。

 

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応