販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

「読ませる」文章(見出し)を書くための具体的な3つのポイント

  • 2014年06月30日
  • コラム

ほんとうに、世の中、書くことが当たり前の時代になりました。

ネットの世界では、ブログを始め、様々なSNSの投稿でも、その文章力が試されます。長文であれ短文であれ、読者にしっかり読んでもらえ、多くのファンを取り込む人もいれば、文面だけのやりとりで誤解を生み思わぬ火種をまいてしまう炎上トラブル等など….。書くことが、とても身近になった時代の到来では無いかと思います。

ネット上で、「読ませる」文章(見出し)を書くための具体的な3つのポイントという記事を見つけました。某書の紹介の記事ですが、ここに簡単に3つのポイントがまとまっていました。

①数字をいれる

②問いかけを入れる

③擬音語を入れる。

などなど。

 

ベーシックな基礎知識がまとまっているようです。販促物の制作でも、言葉はとても重要なポイントになります。もし、言葉の使い方や見出しの考え方に詰まっている方は、参考にしてみてもいいかもしれません。文章にも強弱が必要です。生き生きと伝えたい時は、生き生きとした文章が必要になりますね。

http://www.lifehacker.jp/2013/11/131107book_to_read.html

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応