販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

観光地の広告に想フ Vol.2

  • 2016年04月03日
  • コラム

先日の投稿に続き、週末に行った犬山城下町での出来事です。

ある無添加ソーセージのお店がテントブースでソーセージ料理を販売していました。風にたなびくノボリには「金賞をとった 無添加ソーセージ」と書いてあります。無添加ソーセージって、すごいなぁと思い、すかさず列に並び食べてみることに。
すると、メニュー看板の前には男性が立っていて、ひたすら商品の事を繰り返し繰り返し叫んでいます。つまり、レコーダーの替わりに、地声で商品のアナウンスをしているということです。説明も丁寧で、時折、列に並んだユーザーさんの質問に答えています。なんだか、すべてのメニューが魅力的に思えてきてどれを食べたら良いか分からなくなりました。結果、ソーセージではなくミネストローネを飲んだのですが、そのメニューを選んだ理由は、お店ですべて一から手作りだったことと、金賞をとったベーコンが入っているからでした。
実際飲んでみると、はとても美味しく、久しぶりにおいしいミネストローネをいただいた気がします。
最近は、商品の説明といえば、パンフレットやインターネットが主流です。声で説明する場合でも、DVD音声を繰り返し流すでしょう。地声で長い時間アナウンスなんて、とてもいかしてます。そして、一方的なアナウンスではなく、常にユーザーと会話しながらプレゼンするってステキだと思いました。考えてみれば、自社の商品・サービスのプレゼンって、作りてがリアルに発信するのが一番なんですよね。改めて実感しました。
帰ってからネットでそのソーセージ会社を調べてみたら、あのお声の主は、どうやら社長さんだったようです。
納得したのは、いうまでもありません。(笑)※写真はイメージです。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応