WEBデザイン制作・パンフレットデザイン制作
facebookrss

NETA

コラム

2013

12/30

Facebookページ活用法のコツ【Vol.1】向いている業種・向かない業種

中小企業のネット戦略を変えたSNSの普及

 

先日、お客様に呼ばれてFacebookページの立ちあげについてレクチャーしに行ってきました。そのお客様は、個人としてのアカウントもお持ちでなかったため、アカウントを作る所からご説明・ご準備をさせていただいたのですが、初めてFacebookに取り組む方には、なんのことやらイメージが湧かないかもしれません。SNS(いわゆるソーシャルメディ)をやっている人にしてみれば他愛もなく簡単なことですが、こういったものに触れたことの無い方にしてみたら、一体、何ができて何をすればいいのか?とキョトンとしてしまうことでしょう。無理もありません。

 

これまで、企業の販促といったら、Webサイトを中心としてネット戦略が柱になってきました。

 

企業のオフィシャルWebサイトを始め、ブログやメルマガなど、更新も発信も大変な作業でしたから、完璧に販促活動でネット戦略をフルに活用できている企業は、大手企業かネットに精通した一部の企業だったのです。

 

しかし、SNS(ソーシャルメディア)が普及するようになり、TwitterやFacebook、Google+など、簡単に取り組めて、簡単に発信できるツールが中小企業に取り込まれることで、以前にもまして、中小企業の販促におけるネット戦略の敷居が低くなったといえるでしょう。

 

Webサイトやブログ、メルマガと大きく違う所は、リアルタイムな情報発信ができること、企業(または有名人)と個人の距離が近いこと、投稿が簡単であることの3つだと考えます。

 

SNSが普及する前のネット販促は、あくまでも“待ち”の営業スタイルでした。しかし、SNSの普及により、それらが、向こうからユーザーがやってくる営業スタイルになったのです。

 

その最たる特徴が、“フォロー”という関係性です。

 

企業にとって、相手が見込み顧客になるかならないかは別として、自社の情報を気軽に見てくれるユーザーが、自分の意思で「あなたの投稿をみたいです」と駆け寄って来てくれるわけです。これは願ったり叶ったり!中小企業にとっては、その中に埋もれた見込み顧客を育てるために、SNSを通じてファンの育成をしていけばいいということです。

 

これが、中小企業のネット販促の幅を広げた大きな活路だと考えています。
Facebookページとはなんぞや?さて、ここで、Facebookとはなんぞや?という事に触れてみたいと思います。Facebookページを運用している方はもちろんのこと、Facebookを日常的にお使いの方は、説明は不要だと思うのでスルーして下さい。

 

Facebookページとは、企業や著名人、アーティストやブランド、同好会などが、ユーザーとの交流のために作成・公開したページの事です。そもそも、Facebookとは、個人と個人のコミュニケーションツールですが、それの発展形であり、よりビジネスやプロモーションなどに特化した情報発信ができます。

 

当社でも、企業のFacebookページを立ち上げていますが、こちらはあくまでも有益な情報発信を目的としたページなので、そのタイトルも「印刷・デザイン・広告の豆知識」としています。株式会社ノーブランドとしても良かったのですが、我々を知らないユーザーからしてみたら、どこぞの会社?とスルーされるでしょうから、このようなスタイルにしています。

 

このFacebookページ。

 

もちろん、無料で公開でき、無料で使えます。
投稿も簡単で、2〜3回やればすぐマスターできるでしょう。

 

例えば、貴社が満を持してFacebookページを公開したとします。
最初は誰もその存在を知りませんので、見る人はいないでしょう。

 

しかし、何らかの方法で、貴社のFacebookページがFacebookユーザーの目に止まり、“今後も継続して情報を見たいな〜”をユーザーが思ったら「いいね」というボタンを押してくれます。これで、ユーザーとの契約が締結です。「いいね」を押してくれたユーザーのFacebookのニュースフィードには、貴社が情報を投稿するたびに流れていきます。

 

もちろん、「今、情報投稿しましたよ〜」なんてユーザー1人ひとりにメルマガなどで教えなくても大丈夫です。(そんなことをする人はいないと思いますが。念のため)自動的に流れていきますので、そのユーザーがFacebookを開いたタイミングとあえば、確実に目に触れるわけです。業種により向き不向きがあるFacebookページ

 

「そっか!これはいいじゃないか!今すぐ当社も始めよう!」

 

と、思わず自分の膝を平手で打った社長さん。ちょっとお待ちください。もちろん、無料で活用できるものですので、すぐ始めてもなんのリスクも無いので問題はありません。しかし、Facebookページで効果を上げるには、色んな事を想定しないといけません。その一つが、広告効果などに過度な期待を持つ事なかれと、投稿はよく考え注意して行うことです。

 

実はこのFacebookページには、向いている業種や向いていない業種があると考えています。

 

もっとも向いているものの一つは、著名人や芸能人、あとは映画のプロモーションなど、幅広くファン層を集めたいものだと思います。

SNSの大きな特徴である“有名人との距離が近い”という点から、SNSは非常に有効なツールです。

 

その反面で、一般の中小企業の宣伝広告としては、若干不向きな部分も否めません。なにしろ、SNSの世界では、セールスや広告・PRはとても嫌われます。(笑)さりげなく、そして自然に行う必要があるのです。

 

ただ単に、「当社はこんな事ができますよ〜」といった、オフィシャルサイトの延長のような投稿を流しても、あまり効果が得られないのです。また、個人情報に抵触する写真なども注意してアップする必要があります。社員もそうですが顧客とのツーショット写真も、相手に許可をとってからアップしないといけません。その写真が、どのようにネット上で広まるかわからないからです。言うまでも無いですが、機密情報はもってのほかですし、会社の品位を損なうような投稿も注意が必要です。また、飲食店などは、アップする写真が美しくないと、逆にそのイメージを損なったり、不潔な面が見えないように気をつけたりする必要もあります。

 

こんなことを書くと、「やっぱり〜やめよ〜」と尻込みしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな事はありませんので誤解なきよう。きちんと、ルールを決めて取り組めば大きなトラブルは起こりませんので大丈夫です。

 

ただし、向いている業種や向いていない業種があるように、Facebookページで効果を出すには、創意工夫が大事であることと、コツコツと努力をしていくことが必要であることをまとめに書いておきたいと思います。

 

明らかに分かっていることは、メルマガの受信は敬遠されがちですが、SNSでは簡単に気軽にフォローしてくれる、という事です。
大きな広告効果を狙うというよりは、企業の宣伝広告の柱が一つ増えたので、地道にやっていこう!という心構えが大事だと思われます。

 

最近、SNSに関するご質問をいただくことが多いので、このネタはシリーズで書いていこうと思います。
また、次回をお楽しみに!

販売促進のネタ

2018

1/18

※本コラムは、当社の顧客へのメールマガジンの内容を一部編集して公開しています。   横浜デ...

詳細を見る
詳細を見る

2017

12/20

20年間、脱下請け   最近、あるメディアで経営コンサルタントの浜口隆則さんという方を知り...

詳細を見る
詳細を見る

2017

10/31

週休3日制をはじめました   実は当社では、今年の8月の末より平日の金曜日をお休みにし、週...

詳細を見る
詳細を見る

2017

10/11

データお渡し、3,000円! 申し込み〆切:2017年12月14日   さて、今年も年賀状...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/28

先週あたりから、当社のお取引先である印刷会社および加工会社さんなどから、『送料値上げ』のお知らせが届...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/27

『すぐ欲しい!という要望に応えるために』   時々、『◎◎日まで、パンフが欲しいんですけど...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/26

株式会社ノーブランドは創業当時から『営業マン0人体制』で営業をしております。一般的に、商品の価格には...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/20

日本全体の85%がスマホに対応しています貴社は大丈夫?   今年に入り、Googleは公式...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/19

Googleアナリティクス活用を取り組む前に   Google アナリティクスは誰でも無料...

詳細を見る
詳細を見る

2017

9/06

  自社サイトのアクセス数を知りたい!   みなさんのウェブサイトは、1日どれく...

詳細を見る
詳細を見る

2017

8/14

先日、第2回、全国介護福祉総合フェスティバル(in 横浜)にブース出展いたしました。   ...

詳細を見る
詳細を見る

2017

8/11

先日、あるクライアントと『会社の理念』への向き合い方についてお話をいたしました。 その時のディスカッ...

詳細を見る
詳細を見る

2017

8/08

各種団体・協会様の会員囲い込みにウェブサイトを徹底活用!   日本には、沢山の中小企業ご経...

詳細を見る
詳細を見る

2017

7/24

最近は、『物売り』よりも『コト売り』の方がトレンドで、すっかり物売りを語るシーンが少なくなったように...

詳細を見る
詳細を見る

2017

7/21

昔から、企業活動における問題解決のステップのことを、『Plan・Do・See』という言葉で表現します...

詳細を見る
詳細を見る