販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

当社における新型コロナウイルス感染予防対策 〜経団連ガイドライン遵守〜

弊社では、経団連発表の『新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン』にのっとり、オフィス内での感染予防対策を実施しています。行っている対策は以下のとおりです。

オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン

2020年5月14日 一般社団法人 日本経済団体連合会(以下、経団連)は、緊急事態宣言下〜緊急事態宣言が終了した段階において、オフィスにて行う、新型コロナウイルス感染予防対策の基本的事項を発表しました。これらは、日本の事業者すべての参考となる指標であり、できる限りオフィスの中でも、このガイドラインに遵守しながら日々の業務を遂行することが必要になります。

ガイドラインはこちら

詳細は、上記の経団連サイトをご確認いただきガイドラインの詳細を把握していただければよいのですが、本ブログでは弊社が取り組んでいる感染予防対策をまとめておきましたのでご参考ください。

なお、経団連のガイドラインは、感染症の動向や専門家の知見、対処方針の改定等を踏まえ、適宜、必要な見直しを行われます。もちろん、本ガイドラインの内容は、関係省庁や専門家の知見を得て作成されています。

さらには、本ガイドラインに遵守する期間として、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが低減し、早期診断から重症化予防までの治療法の確立、ワクチンの開発などにより企業の関係者の健康と安全・安心を十分に確保できる段階に至るまでの間の事業活動と定められています。すなわち、日本における感染者数が減っていれば遵守する必要が無いというわけではありません。治療法の確立やワクチンが開発されるまでは、長い間、オフィス内での感染予防は必要となるようです。

それでは、以下に弊社で行っている感染予防対策を列記いたしますのでご参考ください。

感染防止のための基本的な考え方

職場における感染防止対策の取り組みが、社会全体の感染症拡大防止に繋がることを認識し、対策に係る体制を整備し、職場の特性に応じた感染リスクの評価を行い、それに応じた対策を講じます。特に、従業員への感染拡大を防止するよう、通勤形態などへの配慮、個々人の感染予防策の徹底、職場環境の対策の充実などに努めます。

講じている具体的な感染予防対策

感染予防対策の体制

経営陣が新型コロナウイルス感染防止のための対策の策定・変更について検討する体制を整えています。感染症法、新型インフルエンザ等対策特別措置法等の関連法令上の義務を遵守し、労働安全衛生関係法令を踏まえ、対応しています。国・地方自治体・業界団体などを通じ、新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を常時収集するよう努めています。

健康確保

従業員に対し、出勤前に、体温や新型コロナウイルスへの感染を疑われる症状の有無を確認させています。体調の思わしくないスタッフには各種休暇制度の取得を奨励しています。また、勤務中に体調が悪くなった従業員は、必要に応じ、直ちに帰宅させ、自宅待機とするよう指導しています。
また、発熱などの症状により自宅で療養することとなった従業員は毎日、健康状態を確認した上で、症状がなくなってから、出社するよう指導しています。さらに、症状に改善が見られない場合は、医師や保健所への相談をするよう指示しています。

通勤

県内の感染者数が増加している場合は、テレワークにするよう指導しています。また、週休3日制を遂行しています。また、様々な勤務形態の検討を通じ、通勤頻度を減らし、公共交通機関の混雑緩和を図るよう指導しています。公共交通機関を使わずに通勤できる従業員には、公共交通機関を使わず出勤できるような体制を整えています。

勤務

従業員と従業員同士が2メートルを目安に、一定の距離を保てるような配置にして業務ができるようにしています。また、向かい合わないようなデスク配置にしています。

また、従業員に対しては、入室時にアルコール消毒をしてから入室し、その後手洗いをしてから業務に入るよう指示しています。休憩後を含め、定期的な手洗いを徹底するよう指導しており、このために必要となる水道設備、液体石けん、ペーパータオルなどを配置しています。特にトイレの後は必ずアルコール消毒するよう指導しています。

従業員に対しては、勤務中のマスクなどの着用を促しています。

エアコンが必要のない季節は、常に窓を開放して仕事するようにしています。窓を密閉せざるをえない場合には、1日数回換気するよう指導しています。

他人と共用する物品(電話機やファクシミリ、リモコンなど)や手が頻回に触れる箇所(ドアノブ、ブラインドなど)は1日1回消毒するようにしています。各自のデスクは、除菌シートにて消毒するよう指導しています。

外勤は公共交通機関のラッシュの時間帯を避けるなど、人混みに近づかないようにしています。

出張は、地域の感染状況に注意し、不急の場合は見合わせています。
外勤時や出張時には面会相手や時間、経路、訪問場所などを記録に残しています。
会議は必要最低限、必要に応じてオンラインにて行っています。

対面の社外の会議やイベントなどについては、参加の必要性をよく検討したうえで、参加する場合は、最小人数とし、マスクを着用しています。

休憩・休息スペース

共有する物品(テーブル、椅子など)は、定期的に消毒しています。
使用する際は、入退室の前後の手洗いを徹底しています。
休憩・休息をとる場合には、できる限り2メートルを目安に距離を確保し、一定数以上が同時に休憩スペースに入らないように指導しています。

昼食時に、一緒に飲食する場合は、向かい合わないようにし1メートル以上は離れるようにして食事するよう指導しています。

トイレ

トイレにはアルコール手指消毒とトイレ用のクリーナーを常備し、定期的に清掃できるようにしています。蓋を閉めてから汚物を流すように表示しています。共通のタオルは禁止し、ペーパータオルを設置しています。

設備・器具

ドアノブ、電気のスイッチ、手すり、ゴミ箱、電話、共有のテーブル・椅子などの共有設備については、頻繁に洗浄・消毒を行っています。ゴミはこまめに回収し、鼻水や唾液などがついたゴミがある場合はビニール袋に密閉しています。設備・器具の消毒は、次亜塩素酸ナトリウム溶液やエタノールなどの消毒液を用いています。

オフィスへの立ち入り

取引先等を含む外部関係者の立ち入りについては、必要性を含め検討し、立ち入りを認める場合には、当該者に対して、従業員に準じた感染防止対策を求めています。

従業員に対する感染防止策の啓発等

従業員に対し、感染防止対策の重要性を理解させ、日常生活を含む行動変容を促しています。
患者、感染者、医療関係者、海外からの帰国者、その家族、児童等の人権に配慮しています。
新型コロナウイルス感染症から回復した従業員やその関係者が、事業場内で差別されることなどがないよう、従業員に周知啓発し、円滑な職場復帰のための十分な配慮を行っています。
発熱や味覚・嗅覚障害といった新型コロナウイルス感染症にみられる症状以外の症状も含め、体調に思わしくない点がある場合、濃厚接触の可能性がある場合、あるいは、同居家族で感染した場合、各種休暇制度や在宅勤務の利用を奨励しています。
過去14日以内に政府から入国制限されている、または入国後の観察期間を必要とされている国・地域などへの渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある場合、自宅待機を指示しています。

オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン

2020年5月14日
一般社団法人 日本経済団体連合会

PDF版

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応