販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

Apple Computer

  • 2014年07月20日
  • コラム

今日は、もう一つコラムを投稿します。相変わらず、Appleのイメージはセンスがあって素敵だなと思うのですが、特に秀逸だと思うのはフォント(書体)の使い方です。

下記のサイトを見ても分かる通り、製品名などのメインのタイトルが細いゴシック体で表記されています。

製品名や見出しは、太くて強調できるゴシックを使いたい所ですが、その逆の演出です。とりわけ、この細見出しがなぜ洗練されてカッコいいかというと、そのポイントは“余白”です。見出しの周りにはゴチャゴチャ何もおかず、余白そのものが主張しています。

細い見出しをつける時は、余白をたっぷり使ったほうがカッコいいですね。余白がないと、細い見出しは死んでしまいます。

http://www.apple.com/jp/

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応