販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

3つのコースに分けよう

  • 2016年04月16日
  • コラム

飲食店などで、料理が「特上」「上」「並」などに分かれているものがあります。

お店にとって一番注文してもらいたいものはどれだか解りますか?
当然、3つの中で「特上」が一番料金が高くなり、普通に考えると「特上」が答えとなります。

確かに売上からいくと正解になりますが、利益でいうと「上」が正解になる場合がほとんどです。
なぜなら、「特上」は特上として恥ずかしくないものを材料に使わざるを得なくなり、材料費=コストが上がります。料金が高くても、コストも高
いのでそれほど大きな利益につながらないのです。一方、「並」はリーズナブルな料金にしなければなりませんので、利益を削るしかありません。
その点「上」は、品質と価格のバランスを取ることができるので、利益を乗せやすくなります。
今度はお客の視点から見てましょう。「特上」「上」「並」、皆様はどれを選びますか?

結論を言ってしまうと統計的には「上」が一番売れます。

それぞれの印象としては、「特上」には「高い、贅沢、そこまで求めていない」などの心理が働きます。
「並」には「安い=低品質、安くて注文するのが恥ずかしい、後悔しそう」などを考えます。「上」には「ほどほどに良さそう、値段と品質で得しそう」などと考えるとともに、「特上」や「並」にあるような明確なデメリットを感じません。
もちろん、実際には「特上」には、料金を上回る満足感が得られるかもしれませんし、「並」の安さは何物にも変えられないメリットかもしれません。
しかし、人はメリットを求める気持ちよりも、「損をしたくない」気持ちのほうが強く働きます。

これを、「上」「並」などの2つのコースでは、お客の選択は完全に分散してしまいます。
つまり、商品を3つのコースに分けることで、一番デメリットの少ない「上」に注文を集めることができ、さらに利益を乗せやすくもなるのです。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応