販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

社長の話は面白い【Vol.1】

  • 2013年08月26日
  • コラム

column先日、弊社の主催で歯科クリニック向けの合同セミナーを行いました。歯科クリニックを対象としたサービスを行っている、弊社も含めて5社の社長が、それぞれの持ち時間で講演を行いました。私にとっては直接関係のないサービスでしたが、「なるほど、いいサービスだな」と関心しきりでした。

う〜ん、やはりどの会社も社長が話す営業トークは面白い。営業マンの営業トークが悪いということはありませんが、やはり社長になると何かが違います。

今回のテーマはこの違いについて話したいと思います。

第1回は、「社長が最高の営業マン」

まずは、その違いについて気づいた点を上げて行きます。

1)商品・サービスに対する思い入れが違う

この事は当然のことかもしれませんが、「自社の商品は我が子と同じ」という感覚でしょうか。
この思い入れが、商品に対する自信につながっているんですね。
「ここと、これに関しては、他社には負けません」、この言葉にも「言わされている」という感じがしないんです。
本当に商品に自信があるからこそ、自然に表れてくるのです。
この微妙な感覚が、「売り込み」や「押しつけ」とは違う、信頼感を伝えることになるのかもしれません。

2)商品・サービスに関する情報が豊富

情報とは、例えばパンフレットやWebサイトに書かれている様な、規格や性能のことだけではありません。
その商品に関する、開発の原点や苦労、お客様とのエピソードなど、数字などでは表せない情報です。
言い換えれば、生臭く、泥臭く、まさしく生の情報です。
実は、お客様が求めているのは、パンフレットに書かれた宣伝文句や数値ではなく、この生の情報ではないでしょうか?
生の情報は、宣伝文句に対して、より現実的でより共感を持たれる情報になると思います。

3)人柄・話し方

この違いは、営業マンには難しいことかもしれません。
人柄に関しては、そもそも社長になる様な人は個性的であると言えると思います。
もちろん、営業マンにも個性的な人はいます。しかし、社長の個性は、会社そのものの個性となります。
その個性が会社や商品に対する、安心感、信頼感につながるのだと思います。
また、話し方に関しても、営業マンとは違ったゆとりの様なものを感じます。
この事も、個性と同じで「売り込み」が全面に出過ぎない安心感、信頼感につながっています。

 

以上の様に、役割として商品を売り込むことに徹した営業マンに対し、それとはまったく違った印象を与える事で、より商品に対する好印象を得る事に成功しているのだと思います。まさしく、「社長が最高の営業マン」だと思います。

 

と、ここまでは社長の営業力を褒め称える内容になりましたが、同時に問題点も気になりました。
その話に関しては、次回へと続きます。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応