販売促進のネタ

後藤ようこ

執筆者:後藤ようこ

【オプションサービス】 プロフェッショナル文字校正

プロフェッショナル文字校正とは

 

当社において、パンフレット製作時における作業の中で、非常に重要なオプションとして『プロフェッショナル文字校正』というのがあります。『プロフェッショナル文字校正』とは、その名のとおり、文章中の誤字脱字は無いかチェックする校正作業の事です。

 

文字の校正なんて印刷物の制作の過程の中で、“やって当たり前のことではないか”と思われがちですが、意外にも制作会社によってやり方はマチマチで、校正作業を行わず、お客様に一任するケースもあるようです。

 

そのため、 『以前作ったパンフレットに誤字があって….』とお客様から過去のパンフレット製作時の失敗談をお聞きすることもあります。よって当社では、この文字校正の作業費を必ず見積書の中に記載することにしています。

 

しかも、オプションサービスとしていますので、 できるだけコストをカットしたいお客様は、この部分をカットすることもできます。

 

しかし、当社サイドの文字校正を省くと、誤字脱字のリスクが高まりますので、できるだけ付けていただきたいオプションサービスであり、ほとんどの方は、このサービスを選択されている現状にあります。
 

プロフェッショナル文字校正の具体的な内容

 

当社の『プロフェッショナル文字校正』では、製作中過程の中で、印刷物の文章を(当社にて)2人体制で読み上げ確認を行います。

2名で読み上げることにより、誤字脱字を見つける確率が高まります。一人の目では見つかりにくい問題も見つけやすくなるのです。

 

さらに、誤字脱字のチェックのみならず、全文通して言葉の整合性がとれているか、読点・句読点はおかしくないか、 ナンバリングはあっているかなど、全体を俯瞰で見ながらチェックしていきます。

 

例えば、前のページで出てきた『サーバ』という言葉が、次のページでは『サーバー』になっているとか、『下さい』と『ください』が混在しているとか、数字の全角と半角が混在している等、意識しないとバラバラになってしまう言葉の統一などもチェックします。
よくあるのが、固有名詞の正式名称が間違っているなどのケースもあります。(よくあるのが、病院名などの施設名の誤りです)

 

この読み上げチェックにより、それまでお客様が気づかなかった問題まで洗い出すことができますので、文章全体の品質が高まります。

 

修正の行程の中で、誤字脱字は無いかという視点でチェックしていても、言葉の統一や整合性のチェックなどは、意識しないと見逃してしまいがちです。よって、出来る限り、『プロフェッショナル文字校正』のオプションは入れていただくようお願いしております。

文字校正を行うタイミング

 

この『プロフェッショナル文字校正』は、だいたい、最終提示の前のタイミングで行います。

 

このタイミングも重要です。

 

あまり早い段階で校正を行うと、その後、大きな文字修正が入ってしまった場合、再度、 校正をやり直さなければならないからです。『プロフェッショナル文字校正』は、概ね、すべての文字原稿が固まったタイミングで行うのがポイントになります。

 

文字校正は、何度も行えば行うほど、その精度が高まります。しかし、大きく内容が変わるたびに文字校正を行うのは、あまり意味がありません。もちろん、文言の内容を詰めるための修正は必要です。しかし、これは『校正』ではなく『リライト』という作業です。 リライトと校正は全く違いますので、誤解の無いようお願いいたします。

 

これらのことから、『プロフェッショナル文字校正」は、印刷にかける直前、最終確認の前に行う方が効率的です。

 

下記が、『プロフェッショナル文字校正』のタイミングです。ご参考ください。

 

免責事項

 

ただし、1点ご注意いただかなければならない事がございます。

 

『プロフェッショナル文字校正』のオプションを選んでいただいたからといって、お客様が全く文字チェックを行わなくて良いという事ではありません。
くれぐれも誤解の無いようお願いいたします。
あくまでも、これは、誤字脱字のリスクを軽減するためのサービスです。

 

プロフェッショナル文字校正の有無にかかわらず、印刷開始前にお客様の最終確認による合意をいただく事にしています。(その前に、多くの問題を洗い出すことができるので、お客様のチェックが非常に楽だと思います。)

 

従って印刷後に、 万が一、お客様又は弊社によるミスが見つかっても、弊社では責任を負いかねますのでご注意ください。

 

逆に、プロフェッショナル文字校正をお選びいただかなかった場合は、当社では文字チェックは行いませんのでご注意ください。(通常の範囲での確認は行います。)どうしてもコストをカットしたい方は、お客様サイドで全て行っていただくのも一つの方法です。

どうぞ、ご参考ください。

Contact

コンタクト

MAIL
見積依頼

ご要望に合わせ
最安値でご提案します。

WEB 印刷
MAIL
お問合わせ

わかりやすい言葉で回答。
営業電話しません。お気軽に。

GO
TEL
0120-511-500

月〜木 AM9:00〜PM6:30
お問合せ番号:1
売込みません。お気軽に。

弊社の対応

お問合わせ対応で、制作会社の「」がわかります。全国対応です。
  • 売り込まない
  • わかりやすい言葉
  • 要望を聞き取り提案
  • 明るく誠実な対応